高等学校が創る学習支援センターという資源

学校法人・教育業界コンサルタントの水溪です。

いつもお読み頂き有難うございます。

高校生の頃、「学校の授業が難しくて置いてけぼりになってしまった」という経験をお持ちの方はいらっしゃらないでしょうか。

私はあります。

全国高等学校PTA連合会が2009年に行った調査では、高校生の4人に1人が「授業が難しくてついていけない」と感じている、という結果が示されています。

このような現状を踏まえ、校内に『学習支援センター』を設け、積極的なサポートをされている高等学校さまがおられます。

東京都内の例で言いますと、かえつ有明中・高等学校さん、八王子実践高等学校さん、等々力中学校・高等学校さん、武蔵野中学高等学校さん、女子聖学院中学校高等学校さんの取り組みが知られています。

これらの取り組みを概観してみますと、学習支援センターの原点は、

●生徒が自学自習を行う事が出来、講習の受講や教員への質問が出来る場所と時間を設ける。

と言う点にあります。

一見シンプルですが、学習・質問が出来る「場所」「時間」を明示する事で、学習習慣の獲得と構造化がなされる為、十分な効果が期待出来ます。

前述した学習センターの機能を充実させた例として、ハイレベル講座、英検・漢検など各種講習を付加したり、進学指導を行うものもあります。

また、個別ブースを設け集中しやすい環境づくりをしているケースや、夜21:00まで利用可能な学校もあります。

しかし、学習支援センターの進歩は、これだけにとどまりません。

さらに先進的な学校では、

●学習支援センターのサポート体制のシステム化

を進められています。

具体的には、

●「単元別のテスト⇒分析⇒補習」のサイクルを回す事による学力向上施策

●ビデオ教材、eラーニングシステムの導入

を行い、更に生徒の学力向上に関与する形を取っておられます。

学校が持つ役割と責任を、授業外にも広げて認識されている好例と言えるかと思います。

ただ、必ずしも支援内容とコンテンツを増やせば良い、という訳でもありません。

学校が目指す方向や、生徒のニーズ、現在の校内資源を鑑みながら、自校に合ったオリジナルの学習支援センターを作る事が理想と言えるでしょう。

水溪 悠樹(ミズタニ ユウキ)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s