『君たちはどう生きるか』という問いかけ

学校法人・教育業界コンサルタントの水溪です。

いつもお読み頂き有難うございます。

先日、吉野源三郎著『君たちはどう生きるか』(岩波文庫)をふと手に取って再読しました。

凄い本ですね。

同書が出版された1930年代は、ヨーロッパではヒトラーやムッソリーニが政権をとり、日本は日中戦争に突入していく軍国主義の時代です。

そのような時代背景の中で、児童・生徒に対し書籍刊行を通じてメッセージを送られた事に、畏敬の念を感じます。

ストーリーは、主人公の身の回りで起こる日々の出来事や人間的な成長を中心に綴られるのですが、自身と社会に対する問い、科学・歴史・文化といった教養、人類の進歩といったテーマが相互に結びつき合い、眼が開かれるような思いがします。

それにしても、何と本質的な問いかけでしょうか。

私も、10代のある時期にこう問いかけてくれる師に恵まれた事を幸福に思います。

本当の教育とは、こういうものだと感じます。

DSC_0031

水溪 悠樹(ミズタニ ユウキ)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s