一番値打ちが有るもの

一年生の生徒を見ていると、とても楽しい。

表情から、前向きな気持ちが伝わってくるからだ。

生徒と何気なく交わす言葉の端々から、中学校の頃の躓きや、自身の苦手を乗り越えようという意志が見てとれる。

高校で身に付けるべき力や知識は沢山有るが、この「前向きさ」に勝る物は無いと思う。
単に勉強が出来る/出来ないということより、ずっと値打ちが有る。

ここ数日は、只々感心するばかりだった。

しかし、仕事はこの先だ。
眺めているだけでは、教員とは言えない。

自分がすべきことは、大きく二つ有ると思う。

一つ目は、この前向きなエネルギーを大きくし、発揮し続ける為に必要な行動特性を身に付けさせること。
土台作りと言っても良いかも知れない。

二つ目は、個々の生徒の理想に近づく為に、目先の具体的な目標を一緒に共有すること。

言葉にするのは簡単だけど、一人一人の事はまだ良く分からない。

その為にも、もっともっとコミュニケーションを取っていかなければならないと思います。

水溪 悠樹(ミズタニ ユウキ)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s