忘れてはいけないこと

高校で担任をしていると、聞き上手とは言えない私でも、生徒の相談事を聞くことになる。

人間関係についての悩みが多い。

すぐに対策が浮かぶものがある。

苦しさがありありと伝わってくることもある。

生徒が怒り傷ついていること対して、同じくらい腹が立つこともある。

でも、実際の所は良く分からないことや、上手く答えられない場合の方が多い。

31歳になってお腹が出始めた人間が15・6歳の生徒の悩みを聞くのだから、ある程度は仕方が無いと思う。

ともすれば、すぐに自分のフレームワークの範疇で捉えようとしたり、知っている事例を当てはめたり、大人の目から見た解釈をしそうになる。

そうすると、途端に相手との間にある流れのようなものが止まってしまう。

やはり、まずは相手の気持ちをキャッチする事が一番大切なのだと思う。

大人になると忘れてしまいそうになるけれど、小中学生や高校生にとって、今居る学校という場は世界の殆んど全てと言っても良い。

僕は偶々不登校は経験しなかったが、小学生のある時期は学校という場がとても辛かった。

他に世界を知らないし、逃げ場が無かったら尚更だ。

目の前の生徒もきっと同じだと思う。

そういう意味において、学校という場は重い。

それだけは忘れずに、耳を傾けていきたいと思います。

水溪 悠樹(ミズタニ ユウキ)

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s