保留にしていること

4月下旬の記録です。

4/22(日)

  • 愛知の実家に帰省。新聞で、陸自イラク日報についての記事を読む。簡潔な日々の記録から、世界で果たす役割の難しさが伝わってくる。
  • 日本に遊びに来ていた姉の夫(イギリス人)とビールを飲む。移民問題やEUの事情について教えて貰う。相変わらず、英語を聞いてもほんの少ししか分からない。社会科学上の用語は知っているから、議論のあらすじが漸く理解出来る程度。お土産に、ジョージ・オーウェル『1984』を始め、洋書を沢山貰う。かたつむりのようなペースで読もうと思う。
  • 新幹線での帰路、目の前や世界で起こっている事に背を向けず、曲がりなりにも自分なりに理解し判断をする為には、日々どれだけの情報を取り入れ、学ばなければいけないのかとぼんやり考える。今の自分は、知らないこと、保留にしていることが余りに多すぎる。

4/27(金)

  • 南北首脳会談についてのニュースが飛び込んでくる。分断から70年を経た出来事。
  • 昨年、高校1年生向けの現代社会の授業で東西対立を少しだけ取り上げたが、あれで良かったのか心配になる。3年生の日本史Aでも、戦中のアジア支配の一部を扱ったに過ぎない。

4/29(日)

  • 英語の免許取得の為に行っている大学の授業で、『Before the Flood』という作品を見る。環境問題に関するもの。大きなテーマだけに、普段の生活では問題の全体像を掴むのも難しいし、自分に出来ることというと途方に暮れる。来月から職場でボランティアの授業をするので、よく咀嚼した上で、『世界がもし100人の村だったら』という作品と一緒に題材にしたい。
  • 私生活上の悩みがつきない。

水溪 悠樹(ミズタニ ユウキ)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s