4月から新しい生活を迎える卒業生へ

春からの生活に不安を感じている生徒がいれば、何かしら声を掛けたいと思っていた。

ただ、実際にはそんな機会は無かったし、杞憂だった。

そもそも、いざ生徒を前にすると「身体に気をつけて」ぐらいの言葉しか出て来ない。

行き場が無くなってしまった思いを、ここに書き留めておく。


①自分の中で経過した3年間を信じる

高校生活の中で、自分なりに成長した実感を持ってくれていれば、この上無い喜びだ。

その自信は、これからの進路で自分の足元や将来を照らす灯りになってくれる。

ただ、もしかしたら成長を感じられずに、不安に苛まれているかも知れない。

自分の眼では、自分のことはよくわからない。

それでも、絶対に成長している。

悩み苦しみながら過ごした時間であったとしても、3年間続けた自分を信じて欲しい。

②自分で選び取ったことに意味がある

希望通りの進路を得られなかったという気持ちや、ある種の劣等感を持つ生徒もいる。

でも、そんなものは長い眼で見たら、豊かな人生を生きる上で殆ど関係無いと思う。

「合格通知」「内定通知」はあくまで切符。

自分の力でそれを手にし、選び決断したことの方に意味がある。

そこから何をするかで自分の値打ちが決まるようにも思う。

新しいスタートを、心から応援したい。

③チャレンジは少しずつ

はじめの数ヶ月、場合によっては半年~1年は、新しいことの連続でとても疲れる。

無理をせず、新しい環境やリズムに体を馴染ませることを一番にして欲しい。

まずは土台作り。

受験や就職活動の中で思い描いたプランに手をつけるのは、少しずつで良いと思う。

④誰かの助けを借りる

僕自身は賢い学生では無かったし、新卒で就職してからも全然仕事が出来る人間では無かった。

自分で努力をしていることもあるが、色んな先生に教えを請うたり、学外の職業人から吸収したり、職場で助けて貰ったことが積み重なって、今の自分の力になっている。

相談することや助けて貰うことは、決して恥ずかしいことじゃない。

進学先であれ職場であれ、きちんと人に頼って欲しい。

⑤最後に

どうしても苦しいことや、素敵なことがあれば高校を訪ねて欲しい。

近況を知れるのは嬉しい。

ただ、こんな心配はきっと無用なんだと思う。

卒業おめでとう。

水溪 悠樹(ミズタニ ユウキ)

2 thoughts on “4月から新しい生活を迎える卒業生へ

  1. 担任ではなかったけれど、生物学を担当していた先生が、高校卒業前の最後の授業で、「これからいろいろなことを経験する中で、どうしても困ったことが起こったら先生に会いに来てほしい」と言ってくれました。
    その後、実際に困った状況に直面した時、会いに行く勇気はなかったけれど「頼ってもいい人」がいると知っているだけで、困難な状況を何度も乗り越えたことを覚えています。

    Liked by 1 person

    1. Ellieさん
      コメント有難うございます。
      身近にそんな方がいらっしゃったんですね。
      とても味わい深く拝読しました。
      素敵なエピソードを有難うございます。

      Liked by 1 person

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s