35歳の自分のミッション

2019年は結婚をした。2020年は世界が新型コロナウィルスに見舞われた。

2021年は、家族が増えるかもしれない。幸せな反面、仕事に対する焦りも感じる。

一見人生の制約が増えたようだが、向かうべき先を見失わず、目の前のチャンスさえ逃さなければ、出来ることは山ほどある。

この10年・20年を実りあるものに出来るよう、今の自分のミッションを載せておきます。


mission

①10代の高校生に人生を見通す眼と切り拓く力を身につけさせる(エンパワーメント)

②人を育てる学校組織と環境をつくる(マネジメント)

③教育業界での取り組みの事例化・研究の発信による提言(リサーチ)

④この世の生や美を享受し感じたことを形にする(表現)

⑤目の前の人のライフイベントごとの苦しみと向き合える人になる(生老病死)

vision

30代終盤:担当授業・キャリア教育・生徒指導の実践の事例化と、アカデミックな土台作りを行う。

40代中盤:「所属法人の人材開発業務」「教員養成系大学の一授業」「高大を見通したキャリア教育授業」のいずれかが出来るレベルになっている。

50代:「小規模校の経営」「人材育成業務の本格化」「地域や組織への支援・提言」のいずれかに取り組む。

value

水溪 悠樹(ミズタニ ユウキ)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s