4月から新しい生活を迎える卒業生へ

春からの生活に不安を感じている生徒がいれば、何かしら声を掛けたいと思っていた。

ただ、実際にはそんな機会は無かったし、杞憂だった。

そもそも、いざ生徒を前にすると「身体に気をつけて」ぐらいの言葉しか出て来ない。

行き場が無くなってしまった思いを、ここに書き留めておく。


①自分の中で経過した3年間を信じる

高校生活の中で、自分なりに成長した実感を持ってくれていれば、この上無い喜びだ。

その自信は、これからの進路で自分の足元や将来を照らす灯りになってくれる。

ただ、もしかしたら成長を感じられずに、不安に苛まれているかも知れない。

自分の眼では、自分のことはよくわからない。

それでも、絶対に成長している。

悩み苦しみながら過ごした時間であったとしても、3年間続けた自分を信じて欲しい。

②自分で選び取ったことに意味がある

希望通りの進路を得られなかったという気持ちや、ある種の劣等感を持つ生徒もいる。

でも、そんなものは長い眼で見たら、豊かな人生を生きる上で殆ど関係無いと思う。

「合格通知」「内定通知」はあくまで切符。

自分の力でそれを手にし、選び決断したことの方に意味がある。

そこから何をするかで自分の値打ちが決まるようにも思う。

新しいスタートを、心から応援したい。

③チャレンジは少しずつ

はじめの数ヶ月、場合によっては半年~1年は、新しいことの連続でとても疲れる。

無理をせず、新しい環境やリズムに体を馴染ませることを一番にして欲しい。

まずは土台作り。

受験や就職活動の中で思い描いたプランに手をつけるのは、少しずつで良いと思う。

④誰かの助けを借りる

僕自身は賢い学生では無かったし、新卒で就職してからも全然仕事が出来る人間では無かった。

自分で努力をしていることもあるが、色んな先生に教えを請うたり、学外の職業人から吸収したり、職場で助けて貰ったことが積み重なって、今の自分の力になっている。

相談することや助けて貰うことは、決して恥ずかしいことじゃない。

進学先であれ職場であれ、きちんと人に頼って欲しい。

⑤最後に

どうしても苦しいことや、素敵なことがあれば高校を訪ねて欲しい。

近況を知れるのは嬉しい。

ただ、こんな心配はきっと無用なんだと思う。

卒業おめでとう。

水溪 悠樹(ミズタニ ユウキ)

いま言葉にしておきたいこと

先日、2017〜2018年度に受け持った、単位制コースの生徒達の卒業式を行いました。

新型ウィルスに伴う政府・大阪府からの要請もあり、大幅に短縮された式。

諸事情で欠席した生徒もいましたが、無事終えることが出来ました。

「前の学校で上手くいかなかったことも、苦しかったことも、全部自分だ」

強さを感じる声で、そんな思いを語った卒業生代表。

家族や友人に感謝を伝える姿も立派でした。


卒業生達を送り出すこの時期。

これまでの関わりを振り返ると、自ずから教員としての自分の姿が浮かび上がって来ます。

痛感するのは、自分はアマチュアだということ。

いくつか生徒の成長をサポート出来た手応えはあるが、その数はとても限られている。

自分の力量やキャラクターが、支援者としての幅を限定してしまっているように思う。

出来ることだけやっていては、プロフェッショナルとは言えない。何より歯がゆさを感じる。

教員になった当初は、机や椅子が並んだ教室に立つだけで嬉しかったし、生徒が持つ悩みに共感できる部分を見出せること自体に心の充実を覚えた。

バットやグローブを持って、ボールを追いかけるだけで満足している子どものようなものだ。

しかし今は、もっと違った姿勢で教育に取り組んでいきたい。

プロの教育者として、その役割が持つ重みや苦しみも引き受けて、生徒の発達と向き合う。

そんな仕事がしたいです。

水溪 悠樹(ミズタニ ユウキ)

どんな風に教員としての仕事を終えたいか

異動や転退職といった、組織上の変化が近づく時期。
インターンに訪れる大学生や、ベテランの先生を見ていると、「自分はどんな形でこの職を終えるのだろうか」という問いが浮かびました。

自分にとっての理想は三つ有ります。

一つは、退職する時に同僚から、「あの人が居るだけで、職員室が風通しの良い雰囲気になった気がする」と言われて辞めたい。
自分の存在が組織の健全な機能を支えたり、学校が生徒を育む場であり続けることに繋がっているとしたら、この上無い喜びだと思います。

もう一つは、たった一人で構わないから、誰かの人生に深く関わるような働きをして仕事を終えたい。
本当に助けを求めている生徒や、これまで・これからの生き方と真摯に向き合おうとしている生徒を助けられる存在になりたい。
そうでありながら、生徒自身は自分の力で成長したという手応えがあって、教員や学校のことなんて忘れてしまうような関係が望みです。

最後は、学校教育という枠組みを越えた働きをして職を終えたい。
最近亡くなった、中村哲さんのイメージのような生き方が浮かびます。
医師として目の前の人の生に向き合う中で、本質を掘り下げ、医業の枠を越えて川を作ってしまうような生き方に惹かれます。

小さな自分も嫌いでは無いですが、もしかしたら結構欲張りなのかも知れません。

水溪 悠樹(ミズタニ ユウキ)

10年選手

私の周りには、教育の仕事をして10年以上経つ同僚が何人かいます。

そうした先輩と自分を見比べると、力の差は歴然です。

例えば、仕事の正確さや生徒に伝える力、言葉に込める重みといったもの。

一緒に生徒指導の場に入ったり、学年集会で生徒に語りかける場を目の当たりにしたりすると、特に差を感じます。

それだけではありません。

自分達が属する通信制高校業界の社会的意義への理解、将来を見通した上で今後組織全体の為に自分がどう行動すべきかについても、見えているものが違うように思います。

今仮に、教員として求められるスキルを10のジャンルに分けて競ったとしたら、10年選手の同僚には一つも勝てないだろうと思います。

教師を生業にすると決めてから5年が経とうとしていますが、唯一無二の存在からは程遠い自分に愕然とします。

指導の確からしさ、教員としての力量の差はどこから生まれるのか。

ごくシンプルに考えると、目の前の生徒や様々な出来事、授業の1コマ1コマに知恵を絞って全力を注ぎ、徹底し続けてきた結果が腕に宿っているのだと思います。

今の自分はまだ、冷や汗を搔きながら日々を過ごしている。

手放しで仕事が楽しいとも言えない。

ただ、教員として10年経った時、身につけた力量や知見を、誰かの為に自由に発揮出来る自分になっていたいとは思います。

水溪 悠樹(ミズタニ ユウキ)

言葉が実になる時間

先日、ある保護者の方と電話で話をしている中で、不思議な感覚がありました。

何が不思議だったかと言うと、必死になって話しをする中で、支援者が用いる用語とロジックを、自分自身の言葉のように口にしていることに気づいたからです。

意識的に福祉業界や教育現場で働く人たちから学び始めたのは、大学入学を機に関西へやって来た2005年になってからのこと。

現在、生徒・保護者との関わりの中で使っている言葉は、先輩支援者のもとで見聞きしたことや、本で知ったことの組み合わせに過ぎません。

学び吸収した言葉や知識が10年以上の時間を経て、今度は自分自身の思いと一緒に発せられることに、素直な驚きを感じます。

自分の言葉として使えるようになるまでの時間の長さにあきれるばかりですが、20代前半の行動の果実を確かに受け取ったと感じた瞬間でした。

こんなことを敢えて書いた背景には、この所ずっと、自分の能力の有限性にとらわれていた事情があります。

私は昔から、何かを覚えたり習得するのに、非常に時間が掛かる性分です。

日々の教育活動でも、今学んでいることについても、自分の不器用さに倦んでくることが多々有ります。

ただ、長いスパンで身につき自分の力として発揮されることもある。

焦りも有りますが、そういう気持ちを大切にやっていきたいと思います。

水溪 悠樹(ミズタニ ユウキ)