進学校へのコンプレックス

通信制高校で仕事をしていると、所謂全日制普通科の進学校と自校を比べて、ある種の劣等感を感じている生徒に出会うことがある。

生徒自身の思いなのか、保護者の価値観か、社会のレッテルによるものかは分からない。おそらくその全てが影響しているのだろう。

教員としては悲しい限りだし、少しでも自校の価値や魅力を高めたいとは思うが、今日はそれについては書かない。

伝えたいのは、その両者の違いについて。

私は高校生の頃、地元の中くらいの公立進学校に通っていた。確か、良く出来る子は地方の国公立大学や難関私大を目指し、それ以外の生徒は中堅の私大に進んだように思う。

(言う必要な無いと思いますが、その中でも私は良く出来ない部類だった。)

もっと凄い進学校のことは分からないが、自分の母校を考えてみると、勤務校である通信制高校と比べて授業が2倍も3倍も凄いということは無かったように感じる。

一つ違うことを挙げるとすると、「努力して勉強をするのは当たり前」という空気があったことだろうか。

その中で、「当たり前」に勉強をし続けた賢い同級生は、私では到底受からないような大学や職業に進んでいった。

教員としての責任を放棄する訳では無いが、「通信制高校だから」と言うことを進路実現が出来ない理由にしているのであれば、一日でも早く思考を切り替えた方が良いと思う。

教育用のアプリや様々なサービスが充実している昨今、時間の自由度が高い学校に属してるあなたに、環境的に後れをとっていることは殆ど無いはずだ。

適切な習慣さえつけられれば、学校の内外で学び、どんどん成長出来る。

どう思うかは、あなた次第。

水溪 悠樹(ミズタニ ユウキ)

10代で向き合う問い

先日、勤務する高校の入学試験業務で中学3年生と話す機会が有った。

その際、保護者の方から

「子どもが学校に行けなかった時期を振り返ってみると、自分が今後どうなっていったら良いか分からなくて悩んでいるようだった」

という言葉があり、思わずはっとした。

なんて大きな問いだろうか。

私が関わる高校生の中にも、自分の生き方についての問いに、真っ直ぐに向き合っている生徒がいる。

個々の悩みは深くそれぞれ異なるので、十把一絡げに出来るようなアドバイスは無い。

ただ、その問いの答えは、「将来」という遠い対岸に転がっている訳では無いと思う。

これまで生きてきた中で吸収した物事や、心が動いた出来事、家族や他者との付き合い方、そういったものと地続きにあるはずだ。

進路選択の機会は、自分を形作る要素の一つ一つと向き合わなければならない、大きな節目の一つ。

苦しみもあるかも知れませんが、自分の可能性を信じて進んで欲しいと思います。

水溪 悠樹(ミズタニ ユウキ)

誰かの為に働く

先日、2年生の生徒と兵庫県内の特別養護老人ホームさんを訪問させて頂きました。

これまで就職か進学かで悩み続けて来ましたが、面談の中で介護というキーワードが挙がり、「まずは一緒に見に行ってみよう!」と今回の見学に至りました。

職場見学は、私自身とても興奮します。

職業人としての先輩から伺う現場の話は、いつも発見に満ちているからです。

主婦をされていたという職員さんの言葉からは、業種は違えど、利用者さんと真剣に向き合う姿勢や、若手の介護者をきちんと育てようと言う思いが伝わって来ます。

ご多忙にも関わらず、2時間近くに亘って介護の世界のやりがいや現実、辛い部分についても丁寧に教えて下さいました。

生徒の横顔は、そうした経験から紡がれた言葉を素直に吸収しているようでした。

余談ですが、見学の中で介護の仕事に興味を持った理由を問われる場面も。

生徒が自分の言葉でしっかりと答える姿にも感動しましたが、「そんな動機があったんだ!」と、正直驚きました。

これまで、細々とは言え2年近く関わってきたのである程度のことは知っているつもりでしたが、校舎の中の、生徒-教員間で見られる姿なんて本当にごく一部に過ぎないんだなぁと痛感。

何やら、生徒の中でこれからの生き方についての思考が動き出す場面に立ち会えたような気持ちです。

学校で学ぶ主体から、職業人として働くまでにはまだ少し隔たりがあるかも知れませんが、自身の資質を大切にしながら、良い形で将来の仕事に繋がってくれると思います。

水溪 悠樹(ミズタニ ユウキ)

仕事について知る入り口

今年受け持った1年生のホームルーム教室には、仕事についての本を何冊か置いていた。

自クラスの生徒だけでなく、たまたま立ち寄った隣のクラスの子や、2年生の先輩なんかも時々本を手に取っていた。

内心、しめしめ、と言う感じだ。

高校生の中で、将来の進路を明快に答えられる者はごく一部に過ぎない。

比較的興味がある事柄から、「今の段階では、この仕事をやってみたいな。」という“仮説”を持って欲しいと思うものの、中々それも難しい。

きっと、まだまだ自分自身に問いかける量も、社会について知っている量も少ないのだと思う。

写真の本は、後者を少しでも補えたら、と思って置いてみた。

『日本の給料&職業図鑑 Plus』(宝島社)は、普段お目にかからないような職業があったりして楽しい。

生徒も案外お金について興味があるようで、本を見ながら雑談をしている生徒をよく目にした。

『仕事を選ぶ 先輩が語る働く現場64』(朝日学生新聞社)という本も、個人的に気に入っている。

特に、幼稚園の先生を取り上げた章は、自分の適性や向き不向きについて悩みながらプロになっていった様子が丁寧に語られていて、職業選択について最初から完全な答えが見つかる訳では無い事が良く分かる。

こういう“過程”を知ることも、結構大切なことだと思う。

心のアンテナにひっかかったキーワードが入り口となって、新たなものが見つかるかも知れない。

色んな情報を吸収しながら、少しずつ自分の考えを形作っていって欲しいな、と思います。

水溪 悠樹(ミズタニ ユウキ)