2019年の目標

少し遅くなりましたが、新年の目標をここに記しておきます。

その前に、少しだけ振り返りを。

2018年は、職場の正職員選考や授業力についての基本研修をクリアし、社内的なものとは言え、教員として仕事をしていく上での足場固めが出来た一年でした。

生徒に対しては、より深い学びへ繋ぐ為、振り返りの習慣化を目指したe-Portfolioづくりに着手。

また、新たに生徒指導・生活指導という仕事の一端を担うことになり、そのしんどさと可能性を感じることが出来た。

私的なことでは、2016年の夏に離婚をしてから2年以上経ち、これからのことを多少前向きに考えられるようにもなった。

少しずつですが、色んな歯車が上手く回り始めているような手応えが有ります。


【2019年の目標】

「卓越した教員になる」

自分のことだけじゃなく、組織の仕事をまわし、その腕で同僚を助けられる存在になる。

一人の人間として、生徒と良い人間関係を作る。また、生徒自身がそういった人間関係を作る力を育てる。

包括的生徒指導、PBIS、ブリーフカウンセリングの手法の実践。校内での展開。

現代社会の授業と進路指導、生活指導におけるe-Portfolioの活用事例を作る。他キャンパスへ発信出来るものにする。

2019年度中には、教育学の学士号と英語の教員免許を取得する。

始業時間の30分前には必ず自席に居る。今のバタバタした習慣を変える。

1日15分は英語の勉強を継続する。

校内or校外で小さな勉強会をしたい。まずは自分が参加する所からだが、常に発信出来る状態を作る。

生徒が辞めない学校を作る。

「疲れにくく、変化に反応できる体作り」

月4回は合気道の稽古を継続する。出来れば、この1~2年で初段になりたい。

月10㎞はリフレッシュの為に走る。

体重を72.5㎏にする。

「全てのベースとなる良い生活習慣」

だらだら夜更かしをしない。24:00にはスマホを置いて布団に入る。すべきことはそれまでに片付けるか、早起きしてやる。

毎週土曜日に15分の掃除と整理整頓タイムを持つ。

週3回程度は弁当を持参する。コンビニでの買い食いを減らす。

教育の仕事を通じて気づいたことを記録する為に、週1回はブログを書く。

週1回で良いので英語の短い日記を継続する。

「将来の為のお金の管理」

確定拠出年金とつみたてNISAを継続。

20万円は貯金する。

「プライベートの時間」

パートナーとの時間を大切にする。季節を感じる食事や外出を楽しむ。

月1回はバイクか自転車で出掛ける。心に遊びの部分を作る。

水溪 悠樹(ミズタニ ユウキ)

Advertisements

教員が担うべきコーディネーターとしての役割

12.5パーセント。

私が担任として受け持つ1年生40人のうち、この半年間でスクールカウンセラーに繋がった生徒の割合です。

この他に、保護者の利用、担任からカウンセラーへの相談のみに留まった生徒を含めると、その数は校内で群を抜いていると思います。

一人で生徒と関わるより、保護者の方の安心に繋がっているようです。

私が知る限り、望ましいカウンセリング利用率というような指標は聞いたことが有りません。

在籍数や教育成果に直結するKPIと比べると誰も気にしていませんし、高いから良い、低いから悪いと言った類のものでは無いと思います。

むしろ、伝統的な教員の世界では、そもそも問題を出さないことや、教員の力量で解決することの方が尊ばれるのかも知れません。

ただ、私自身は生徒の悩みを適切に共有・相談出来ているか、すなわち自分のコーディネーターとしての技量を測るバロメータと捉えているので、それなりに意味のある数値だと思っています。

福井の中2自殺に関する報道を見ていると、学校がこの生徒について、スクールカウンセラーに一切相談していなかったことが分かっています。

想像するに、このような機能不全に陥ったことと、“伝統的な”教員の世界のカルチャーは無縁では無いと私は考えます。

恐らく、学校業界の中には潜在的に、カウンセラーやその他サポーターの役割と効果に対する無理解が有り、保護者にもカウンセリング利用に対するネガティブイメージが有るのではないかと思います。

教員の怠慢、或いは自身の能力についての過信と言っても良いかも知れません。

学校教育の末端を担う教員として言葉を選ばずに言うと、学校内でスクールカウンセラーが上手く機能しないケースの殆んどは、コーディネーターとなる教員の無知によるものが大半だと思います。

そうでなければ、そういった支援者を巻き込んで相談体制を構築・運営出来ないマネージャーの無能の為です。

機能不全に陥ることを避け、人命に関るような不幸を防ごうと思うのであれば、学び続けるしか有りません。

単に繋ぐと言っても、生徒の悩みをキャッチする力と、自分なりの見立てや見通しを持ち、SCへ相談する明確な意図が求められます。

カウンセラーや他の支援者に対する敬意を持った上で、生徒の課題を抱え込みすぎず、密なコミュニケーションを取り合うこと。

魔法のような解決策では無いですが、そういったことを意識し続けなければ、どの学校でも同じことが繰り返されるのだと思います。

水溪 悠樹(ミズタニ ユウキ)