買い物弱者支援を通じた商店街活性化の可能性

学校法人・教育・福祉業界コンサルタントの水溪です。

いつもお読み頂き有難うございます。

先日、社内の先輩コンサルタントから、神戸市の長田神社前地区における買い物弱者支援の取り組み事例を教えて貰いました。

(「買い物弱者」とは、地域で日常の買い物やサービス利用に困難を感じる人たちの事であり、高齢の方を中心に全国で約600万人いると言われています。)

本事業は、長田神社周辺の商店街や市場・商業施設の関係者が中心となって立ち上げたもので、利用者は商品カタログから選んだ品物を1回300円で自宅まで届けて貰うことが出来るサービスです。

ネットスーパーやスーパーの宅配サービスでは生鮮食品の配達は行っていないのが一般的であるのに対し、今回の事例は地域密着型かつ小商圏である事を活かし、お刺身などの生ものの配達も可能にしています。

兵庫県や神戸市の補助を受けてスタートしたこのプロジェクトは、本来の買い物弱者支援という役割に加え、商店街の活性化、高齢者の安否確認・地域での見守りといった効果も期待されるモデルです。

まだまだ一法人が実施するにはクリアすべき課題が多いビジネスモデルかも知れませんが、高齢者向けサービスや就労支援を行う事業所が取り組む事業としても、多くの可能性を感じます。

ゆるやかな地域のつながりを活かした事業とでも言うのでしょうか。

都市部でも進む高齢化に対する一つの解として、今後も注目したい事例です。

水溪 悠樹(ミズタニ ユウキ)

買い物弱者支援と移動販売

学校法人・教育・福祉業界コンサルタントの水溪です。

いつもお読み頂き有難うございます。

私の住んでいる大阪府高槻市は、大阪市と京都市の中間に位置する人口35万人のベットタウン。

普段の買い物は、お得な食料品は駅前の平和堂で、その他の定番の品はイオンのネットスーパー等の宅配を活用することが出来とても便利です。

その一方で、昨今『買い物弱者(買い物難民)』というキーワードが注目を浴びています。

経済産業省の資料によると、高齢化・人口減少により、地域で日常の買い物や必要なサービスを受けるのに困難を感じる人たちが、高齢者を中心に全国で約600万人いることが指摘されています。

このような状況の中、滋賀県には『ぎょうれつ本舗』と呼ばれる先駆的な取り組みがあります。

●軽四移動商店街ぎょうれつ本舗(http://gyouretuhonpo.shiga-saku.net/

滋賀県社会就労事業振興センターが企画する同事業は、軽四トラックで高齢化の進む地域へ食料品や日用品の販売を行う、謂わば「移動販売モデル」です。

特筆すべきは、福祉事業所や就労支援に関わる企業などが連携し、障害のある当事者さんが販売という仕事を通じて地域の方と接することが出来るという点にあります。

「近くにお店が無い」「運転が出来ない」「移動の手段が無い」という悩みをもったお年寄りへの購入機会の提供は、非常に付加価値の高いサービスであると感じます。

買い物弱者支援という枠を超えて、高齢者の見守りや就労支援、地域での共生といった様々な可能性を秘めた事業と言えそうです。

水溪 悠樹(ミズタニ ユウキ)