自分の行動をコントロールする知性

「すごい!」と思わず叫んでしまった。生徒が開けたロッカーの内側に、こんな掲示物が貼ってあったからだ。許可を得て写真を撮らせて貰った。

自校では、南京錠やダイヤルロックで施錠出来るロッカーが一人一台あり、教科書や貴重品の管理に使用している。

事情を聞くと、この生徒は前者のタイプの鍵を使っていて、過去に中にキーを入れたまま施錠してしまったことがあるそうだ。そうして自ら考え出したのが、この方法。

自分の失敗や傾向をきちんと把握して、良い方向にコントロールしようという知性にとても感動した。

私自身がこうした工夫を知ったのは大学生の頃「視覚構造化」という言葉を学んでからだったし、広く実践されている場を見たのは会社員として工場や物流拠点を訪れた時だった。

何が言いたいかというと、彼は10代の頃から自分を変える為の知恵を知っていて、誰に言われるでも無くそれを実践している。

きっと将来、僕には思いもつかないような仕事や豊かな人生を実現してくれそうな気がします。

水溪 悠樹(ミズタニ ユウキ)

コロナ禍で広がる教育格差への危惧

教員として言いにくいことだが、家庭の教育力は千差万別で、大きな開きが存在する。

例えば、そもそも家が安全安心な場では無かったり、日常的な衣食住のケアが不足していたりして、基本的な生活習慣も身についていない生徒がいる。

そこには、経済的理由や健康上の問題、様々な要因が横たわっている。

私立高校の現場でも、こういった事例は珍しいことでは無い。

義務教育段階にある小中学校の先生方は、更に大変な苦労をされているのだと思う。

家で入浴が出来ない児童が体を清潔に保てるよう学校で助けたり、食事を摂るための世話をしていたという話も聞く。

コロナ禍で登校や集団授業が困難になる中、オンラインでの学習や新しい学びの形が試行錯誤されるのは、基本的に望ましいことだ。

家庭の支援の下で既に基本的な学びの習慣を持っており、それらのツールを使いこなし、その上で学校外の学びの場や資源にアクセスできる生徒は良い。

しかし、前述したような環境下にある児童生徒達が、教育的、福祉的支援から更に遠ざかってしまうことを危惧する。

これまで通常業務の枠を越えて教職員が担ってきた支援的な関わりや、集団の中での学びを通して得られてきたものが、それらの生徒に届かない恐れがある。

社会政策の問題かも知れないが、我々教員が出来ることで言えば、所謂ソーシャルスキル・リビングスキルをきちんと明文化し、習慣化の為の方法を教えることが必要なのだと思う。

水溪 悠樹(ミズタニ ユウキ)

健全なコミュニケーションを増やす仕掛け

12月1日火曜日の朝に、教室の入り口付近にこんな仕掛けを置いてみました。

その日の日付の箇所をめくると、中からチョコが出てくるアドベントカレンダー。

当初考えていたねらいは、

①朝5分前には登校する習慣を強化したい。

②終業式までの残り日数を意識しながら過ごして欲しい。

③始業前の生徒間での小さなコミュニケーションのきっかけを作りたい。

という3つ。

改めて振り返って見ると、①については、冬季は様々な理由で遅刻欠席が出る時期でもあり、出席率・遅刻率共に変化は見られず。

②については、体力や学習・対人面で少し疲れが出始めていた生徒にとっては、時間や予定の見通しがわかるというのは、ある種のストレス軽減につながるように思います。

最も効果を感じたのは、③の生徒間のコミュニケーション。

私も毎朝5~10分前には教室の端に居るようにしていますが、その日食べた生徒がチョコの味について感想を口にしたり、カレンダーをめくったかお互いに声を掛け合ったりと、生徒の小さな集団間でもほんわかとしたやり取りが見られました。

朝余裕を持って登校した学校での数分を、少しだけ楽しく過ごす上では役に立ってくれたようです。

色々尤もらしいことを書きましたが、生徒がわいわいしているのを見るのは、単純に嬉しいものでした。

水溪 悠樹(ミズタニ ユウキ)

凄い生徒—「自分で学ぶ」を支援する

試験1週間前の放課後。

教室でテスト勉強をしている生徒の手元に目をやると、現代社会の用語の復習をしている。

文言自体は、私が配布したテスト対策用のプリントと同じなので見覚えがある。

驚いたのは、それを単語カードアプリのQuizletに打ち込んで、iPadで反復練習が出来るよう工夫がされていたからだ。

話を聞いてみると、私のクラスの生徒がその準備をして、他クラスの生徒も活用できるようにしたらしい。

生徒のiPadの画面。定着が不十分な語句をピックアップして効率的に学ぶことが出来る。

凄い生徒がいたものだ。

自分が感動した理由は2つある。

1つ目は、教員に言われるでもなく、自分で進んで取り組んでいること。

作った生徒は勿論だが、そのツールを使っている生徒も、「自分にはこの方法が良い」という選択・判断をして学んでいる。

ただ言われたことをやるのとは雲泥の差が有る。

2つ目は、「教える人→学ぶ人」という関係では無くて、生徒が自分で学べる仕組みを作っていること。

勉強が得意な生徒が苦手な生徒に教えることも素晴らしいが、そういったマンツーマンの枠を超えて、多くの人の学びをサポートするという価値を生み出している。

教員である自分以上に、生徒の中では新しい教育がどんどん進んでいるように感じます。

水溪 悠樹(ミズタニ ユウキ)

App Store Quizlet クイズレット: 英語を習うそして勉強

Google Play Quizlet クイズレット:語学と語彙を単語カードで学ぶ

10代の自死の知らせを聞いて不安を感じている生徒へ

8月の自殺者数増加の報道に続いて、大阪市北区の商業施設で起こった痛ましい出来事が耳に入ってきた。

同じ市内で同世代の命が失われたというニュースに、不安を感じる自校の生徒も居ると思う。

死は、身近な人であれば勿論、遠い関係の人でもあっても重いものだ。

人前ではいつもと変わらないように振舞っていたとしても、自分でも気づかないうちに大きな影響を受けていることもある。

仲間内ではセンセーショナルな面が話題に上がるかも知れないが、心の内を話すのは難しいことだ。

私自身、大人になった今であれば、誰かの死を時間を掛けて反芻し、その気持ちの一部を人に話すことも出来る。

しかし、10代の頃に身近な人の死に直面していたら、誰にも話すことは出来ないだろうと思う。そもそも上手く言葉にすることが出来ないし、理解しくれる人を見つけることも容易では無い。

もし、今まさにそうした不安を抱えている生徒がいれば、少しだけ信頼出来る大人に打ち明けてみて欲しい。

親でも、教員でも良い。

場合によっては、スクールカウンセラーや支援者も力になってくれる。

最近は、下記のリンクのように厚生労働省が電話やSNSを介した相談窓口を整備している。

厚生労働省ホームページ 悩みがある方・困っている方へ

苦しさが募り、押しつぶされてしまう前に、安心して相談出来る場へと繋がって欲しいです。

水溪 悠樹(ミズタニ ユウキ)